ニキビ跡はレーザー治療でキレイさっぱり解消|スベ肌ナビ

ストレスなどで発生

レディ

現在の医療ではレーザーでニキビ跡を消すことができるということで、ニキビ跡に悩む方も少なくなってきてると思います。まだまだ医療の技術は発展途上ですが、最先端の技術はきっと満足できるものだと感じています。

もっと知ろう

最新の美容医療

フェイス

ニキビ跡は小さなシミ程度のものから深刻なクレーター状のものまでさまざまなタイプがありますが、根本的な解消を目指すならいずれもレーザー治療が有効です。肌の奥深くまで届くレーザーで刺激を与えることで、健康な細胞への生まれ変わりを促進します。

もっと知ろう

クリニックでの治療

レーザー

ニキビ跡に効果のあるレーザーにはいくつかの種類があります。それぞれのレーザーで反応する色や肌の奥まで届く深さが違うため、症状に合った治療を受ける必要があります。レーザー治療はその効果の高さから、ニキビ跡で悩む人の救世主となる存在です。

もっと知ろう

治療の未来とダウンタイム

頬に手を当てる人

治療を受けるときには

医療機関で診療数を確認してから治療を受ける人が増えるといわれています。現在ニキビ跡に関してはレーザー治療は必ずしも受けるべき治療ではありません。理由としては、様々な角度から治療について正しく理解してから受けたほうが、安全性について理解できるからです。レーザーの種類によって状況も異なるといわれており、定期的に治すために1回だけではなく通い続けることが大切なのは知られています。しかし、技術力の進歩によって通う回数が減少し、幅広のレーザーによって短時間で治療を完了し、その後のアフターケアを完了させることが可能といえます。今後ニキビ跡のために機械の進歩によって、痛みやダウンタイムの軽減も期待されているのです。

ダウンタイム

具体的にニキビ跡をしっかり完治させるためには、ダウンタイムについて知っておくことが重要です。ダウンタイムとはレーザーによって焼いた肌について、跡が赤くなってしまうことを指しますが、平均的に正常な肌に近づけるためには、数日、長い治療であれば1か月程度で元の健康な肌に戻ります。治療の種類によってはニキビ跡を焼くことで、数日後にはすぐメラニン色素がかさぶた化してくることも珍しくありません。しかし、レーザーなどの種類によっては時間がかかることも注意してください。なお、物によっては治療の跡に色素沈着が起こりがちですが、アフターケアを正しく行うことで全く問題がない場合も少なくありません。カウンセリングで正しい方法を理解してから治療してください。