ニキビ跡はレーザー治療でキレイさっぱり解消|スベ肌ナビ

最新の美容医療

フェイス

光のエネルギーを有効活用

近年、美容医療の分野でめざましい普及を遂げているものにレーザー治療があります。レーザーは光の一種ですが、狭い場所に集中して熱エネルギーを与えることができるという特徴があります。そのためホクロやシミなど小さな肌トラブルを解消するのに役立ちます。医療用レーザーの技術は年々進歩しており、最新の機器では従来になかった効果が得られるようになっています。たとえばある機器では、これまでお肌の表皮部分までしか光を当てることができなかったのがもっと奥の真皮層にまで達するようなレーザーを発することができるようになっています。そのため、今までよりも治療できるトラブルの範囲が広くなっています。たとえばニキビ跡の治療もその1つです。

肌の奥からトラブル解消

ニキビ跡とはニキビが治った後になお肌にダメージが残り、それが修復されない状態のことをいいます。たとえば赤いシミ状のニキビ跡は、炎症によって肌の内側が内出血を起こしている状態です。また、最も深刻なニキビ跡と言われているのがクレーターです。これは炎症が真皮層にまで達し、肌が陥没してしまっている状態です。こうしたニキビ跡の治療には、肌の奥深くにまでエネルギーを届けるレーザー治療が有効です。熱によって刺激を受けた細胞は新陳代謝が活発になり、新しく健康な肌への生まれ変わりが促進されます。また、コラーゲンを生成する役割を果たしている芽細胞の働きも活発になります。最近ではミクロン単位の細かなレーザーを招集できるフラクセルレーザーという機器の普及が進んでいて、ニキビ跡の治療には特に効力を発揮しています。